剣岳・立山縦走 

【山行日】 08年08月05日〜07日
【今回登ったピーク】 前剣・2813M  剣岳・2999M  別山・2880M  真砂岳・2861M  富士ノ
             折立・2999M  大汝山・3015M  雄山・3003M
【登山口】 富山県立山町室堂登山口
【参加者】 sanyuさん  petboyさん  大将  GEN
【天気】 3日とも晴れ
【コース】 

1日目  立山駅8:00〜室堂9:20〜雷鳥平〜別山乗越〜剣沢幕営地13:45

2日目  剣沢幕営地5:50〜前剣7:50〜剣岳10:05〜前剣〜黒百合のコル14:00〜剣沢幕営
      地15:00

3日目  剣沢幕営地6:00〜別山7:15〜真砂岳8:20〜富士ノ折立〜大汝山9:50〜雄山〜一ノ
      越12:00〜室堂12:50〜(バス・ケーブルカー)立山駅14:10

今日は最終日です。
夜明け前に目が覚めました。テントから外を覗くと雲ひとつ無い快晴のようです。その分今日も暑くなりそうですね。まぁ、贅沢な事は言ってられません。天気が悪く展望が無い山歩きよりは遙かに快適で充実した山歩きが楽しめそうです。
これまで同行者の皆さんも疲れもなく、最高の最終日を迎えられそうです。アルプス初挑戦のpetboyさんもきっと満足され、来年も行きたくなることでしょう。

各自朝食を済ませ、テントを撤収した後に二日間お世話になった劔沢キャンプ場を後にします。


朝日が昇り、劔御前岳を赤く染めます。

劔沢のテント場から初日に下ってきた登山道を別山乗越に向けて登り返します。
途中、別山へのショートカットの分岐があり、左に小さな岩尾根の急登を登っていきます。
振り返ると劔沢のテント場も随分と小さくなっていきます。
テント場から約1時間で別山の尾根に出ます。別山は左に向かうと直ぐそこです。

別山から見たこれから向かう立山の稜線です。
画像では見づらいですが、薬師岳や遠くは黒部五郎岳や笠ヶ岳も肉眼では確認できました。

以前きたときは天気が悪く、この風景は見ることが出来ませんでした。しかし、今回はどうしても見たかったので最高の気分ですね。やはり山は天気が一番ですね。

別山山頂の様子です。
祠の回りに石積みで囲まれた頂上は砂礫の広い頂上です。陽差しは強いですが3000M近い稜線を吹き抜ける風は流石に気持ちが良いですね。
ただ右画像の北峰と言われるピークの方が数メートル高いそうです。

見納めとなる劔岳を名残惜しむ様に振り返る同行のsanyuさんです。
数年前に冬の劔岳に挑戦した時のことを思い出されているのでしょうか・・・・・

室堂方面です。
さすが日本を代表する観光地ですね。雪渓とハイマツのコントラストが綺麗です。
ここ室堂周辺は世界でも有数の豪雪地帯だそうで、降り積もる雪は多いときには20M近くなるそうです。5月のGWの時に開通する雪の大壁はビルの5階建てに匹敵する高さになると言われています。

これから立山(中央の3つのピーク)に向かう縦走路です。
昨日の岩だらけの劔岳とは違って、コマクサでも咲いていそうな砂礫の歩きやすい縦走路です。


雪渓の向こうには白馬岳をはじめ、後立山と云われる山並みが見えています。
あの山域にも出掛けてみたいのですが、九州からじゃ1年1回くらいしか遠征は出来なくて、行きたいところばかりで困っています。

富士ノ折立付近から見た黒四ダムと黒部湖です。
この大自然の中にあって不似合いなこの大きな人工物。しかし、実を言うと今回私が一番見たかった景色なんですよね。以前何処かのWebサイトで見掛けたこの景色を、いつか自分の目でも見てみたいと思っていました。普通は山の中で人工物を見掛けると興醒めしてしまいますが、このダムは何故かこの大自然に溶け込んでいて違和感を感じません。


室堂越しに見る大日岳です。
いつかはこの山にも登って逆に劔や立山を眺めてみたいですね。

昨日から今日に掛けて歩いてきた劔岳からの稜線です。


大汝休憩所(左)と大汝山頂(右)です。
この休憩所で少し早い昼食のうどんを食べます。下界で食べれば??ですが汗をかいて塩分を欲しがる身体には美味く感じましたね。

今回幾つかのピークを越えてきましたが、その中で一番高いのがこの大汝山です。3015Mあります。普通は立山と言いますが立山と言うピークはありません。富士ノ折立、大汝、そしてこれから向かう雄山の3つのピークを称して立山と言われています。

また、立山三山とも良く言われていますが、この三山は先程通過してきた別山、これから向かう雄山に今回は登る予定のない浄土山の三つの頂を立山三山と言われ、立山信仰の山と崇められています。


雄山の山頂の「立山雄山神宮本宮」です。鳥居から向こうは500円の参拝両が必要です。
前回もそうですが、今回も寄りませんでした。
ここまでは登山者の領域でしたが、これから室堂までは観光客や、小中学生の団体で大賑わいです。登ってくる多くの登山者を避けながら、グズグズ、ザレザレの歩き辛い登山道を一ノ越に向けて下っていきます。右画像の登山者が列を成して登ってくる方向が室堂方面です。ここから室堂までは石畳の遊歩道です。分岐の左方向はいつかは歩いてみたいと思う五色ヶ原を越えて薬師岳方面です。


大きな雪渓をいくつか越えて下っていくと室堂のバスターミナルです。
ターミナルに着くとタバコの自動販売機に駆け足です。今朝方に切らしていました。ちゃんとタスポを持って来ていました。(笑)山登りには絶対不利なタバコですが、意志の弱い私は止められませんねぇ〜。車中の人となりバスで美女平まで50分です。標高が下がるにつれてだんだん下界の暑さを感じてきます。ケーブルカーで立山駅につくころには額から汗が流れ落ちていました。

下山後に近くの立山国際観光ホテルで3日分の汗を流してサッパリし、1150キロの道のりを福岡に向けて車を走らせます。途中の高速道路上から、いつかは訪れてみたい加賀・白山が夕焼けに赤く染まろうとしていました。
同行者の皆さん、楽しい山歩きをありがとうございました。


1日目  2日目  3日目

ホーム / 次の山行記録 / 前回の山行記録 / 山歩きの記憶 / 山域別