剣岳・立山縦走

【山行日】 08年08月05日〜07日
【今回登ったピーク】 前剣・2813M  剣岳・2999M  別山・2880M  真砂岳・2861M  富士ノ
             折立・2999M  大汝山・3015M  雄山・3003M
【登山口】 富山県立山町室堂登山口
【参加者】 sanyuさん  petboyさん  大将  GEN
【天気】 3日とも晴れ
【コース】

1日目  立山駅8:00〜室堂9:20〜雷鳥平〜別山乗越〜剣沢幕営地13:45

2日目  剣沢幕営地5:50〜前剣7:50〜剣岳10:05〜前剣〜黒百合のコル14:00〜剣沢幕営
      地15:00

3日目  剣沢幕営地6:00〜別山7:15〜真砂岳8:20〜富士ノ折立〜大汝山9:50〜雄山〜一ノ
      越12:00〜室堂12:50〜(バス・ケーブルカー)立山駅14:10

昨年の8月に西穂高岳縦走の予備日の消化として、黒部立山アルペンルートを観光しました。その時は長野県の大町側から入り、室堂に抜けましたが、周りの山々の頂はガスで見ることが出来ませんでした。また、数年前に今回歩いた逆周りの縦走をした時もガスで黒部湖をはじめ、後立山と言われる山々は見ることが出来ませんでした。いつかは見てみたいと思っていましたが、私を含め4人の山友さん達と今回出かける機会が有り、九州から車で片道1150キロの道のりを車で出かけてきました。福岡を4日の21時に出発。ETCの深夜割引を利用して、翌朝の8時前に立山駅前の駐車場に到着です。

1年ぶりの立山駅は人影も少なく静かなものでしたが、駅前の駐車場は満車です。この多くの車の持ち主は多分、登山者や室堂周辺のホテルに宿泊している方達の車でしょう。
今回参加者の中でpetboyさんは北アルプス初挑戦です。九州の山には無い魅力を十分楽しんで貰いたいと思います。当然私も一年ぶりの北アルプで天気も良さそうなので、下界の暑さを忘れ同行の皆さんと思いっきり楽しみたいと思います。


黒部立山アルペンルートの富山側の入口である立山駅です。
この時期にしては拍子抜けするくらい人影がありません。空を見上げると山の方はガスに覆われています。アルペンルートはここからケーブルカー、バス、ロープウェイなどを何回も乗り継ぎ、北アルプスの真下を貫き長野県側の大町に抜けて行く山岳観光ルートです。その途中にある標高が2500Mある室堂が今回の実質的な登山口です。
美女平でケーブルカーから高原バスに乗り換えてガスでけむる立山杉の大木や立派なブナ林など見ながら高度を上げて室堂に向けていきます。森林限界を越える頃からバスは雲の上に出たようで、青空が広がります。


室堂から見た立山周辺の山々です。
室堂の気温は17℃です。バスから降りると気持ち良いですね。観光客はアルペンルートを長野側まで抜けないで、涼しい室堂で散策を楽しむ方達も多いようです。ただ陽差しの有るところに出ると暑いです。登山計画書を提出し、バスターミナルを出たところにある「立山玉殿の湧水」で水を補給していよいよ出発です。
雪渓の残る山々を見ると何だかワクワクしてきます。真夏の8月に雪が見られるなんて九州じゃ先ず無いでしょうからね。


室堂周辺は高山植物の宝庫で、いろいろな草花が咲き乱れています。

チングルマです。
なかには花期が終わり、既に綿毛になっているものもありました。

ミクリガ池です。
池の周りにはまだ雪が残り湖面を吹き抜ける風は気持ちが良いです。
ここにはみくりが温泉もあり、高所にある温泉としては日本一だったたかな?

地獄谷方面です。
硫黄の臭いが鼻につきます。ここから雷鳥沢まで石畳の遊歩道を下っていきます。
いつも思うんですが、これから登らなきゃいけないときに下るのは勿体ないですね。今日は予定より早めに登山口に着くことが出来たので時間には余裕があります。登山道脇の草花の写真を撮りながら、時間を掛けて目的地の劔沢幕営地に向かいます。

遊歩道のあちらこちらに雪渓が残ります。
今日の目的地の劔沢は右画像の山を越え、反対側に標高で200Mほど下ったところにあります。

雷鳥沢のテント場です。
今回はここでの幕営の予定はありませんが、気持ちよさそうなテント場です。
九重の坊ヶツルのキャンプ場に何となく似ており、周囲を山に囲まれれ感じの良いテント場です。ただ3000M級の山々に囲まれている分、坊ヶツルとはスケールが違いますね。

雪解け水を集めて流れる雷鳥沢?に架かる木道を渡り、劔御前小屋のある別山尾根の鞍部に向けて本日一番の核心部でもある標高差約500Mの登りに取り掛かります。この沢は更に周囲の雪解け水を集め、落差日本一の称名滝に姿を変えて富山湾に流れ込んでいます。
登りの途中の雪渓で夏スキーを楽しむ人がいましたが、その上部で大きな落石の音がします。大小の岩が凄い勢いで転げ落ちていきましたがスキーヤーは大丈夫だったんでしょうか心配です。

登山道脇には高山植物の草花が咲き乱れ、急登の辛さを少しだけ和らげてくれる様な気がします。同行者のsanyuさんが草花に詳しく名前を教えて貰うんですが、いつものように直ぐに忘れてしまいます。


別山乗越に建つ劔御前小屋です。
雷鳥沢から標準コースタイムより随分遅めの2時間20分で到着しました。本来はここから目の前に岩の鎧を纏ったような劔岳の勇姿が見える筈なんですが、今のところ上部はガスがかかりその全容は見せてくれません。
ここは稜線の鞍部にあり、劔沢の雪渓の冷気が通り抜けて火照った身体には気持ちが良いですが、長いこと休憩していると少し寒くなります。
ここから劔沢の幕営地までは下りで30分くらいでしょうか。


劔沢のキャンプ場です。
今回は各自テント持参です。設営後、遅めの昼食を摂りコーヒーでも飲みながら回りの山々を見て至福の時間を過ごします。劔岳にかかるガスはなかなかスッキリとは取れませんが、前劔は綺麗に望むことが出来ました。果たして何処にルートが付けてあるのだろうか?と思うほど岩だらけの山です。明日はその劔岳に怪我、事故のない様に挑戦です。昨夜から殆ど睡眠は取っていませんでしたので、早い時間から爆睡です。

夜中の2時過ぎに近くのテントからの大声で目が覚めます。
山の朝は早いのは判っていますが余りにも非常識な時間と大声です。暫くは我慢していましたがなかなか大声も収まりそうもないので「静かにせんかぁー!」と注意すると少しは静かになりましたが、非常識な何処かのワンゲル部の大学生でした。


本日登山道脇で見掛けた草花です
↓↓

2日目にGO!

1日目   2日目   3日目

ホーム / 次の山行記録 / 前回の山行記録 / 山歩きの記憶 / 山域別