冠ヶ岳・俵山
【山行日】 08年02月05日
【ピーク】 かんむりがたけ1154M たわらやま1094M
【登山口】 阿蘇郡西原村地蔵峠付近  【下山口】 俵山峠展望所
【天気】 晴れ
【参加者】 petboyさん  Y下  GEN
【コース】 地蔵峠11:00〜冠ヶ岳12:20/12:55〜護王峠〜俵山15:45〜俵山峠17:00                                      行動時間 6時間                                            

長いこと山歩きはしていますが、これまで熊本の南阿蘇外輪山の山々を歩く機会がありませんでした。そんな中、ネット仲間のpetboyさんと歩く機会がありまして私の友人と共に案内して貰いました。

petboyさんと西原村の”萌の里”で合流し、車一台を下山予定の俵山峠にデポして登山口にむかいます。最初は一ノ峯、二ノ峯経由して縦走路に出て俵山までを予定していましたが、一ノ峯登山口に向かう牧道が通行止めになっています。急遽予定を変更して地蔵峠から冠ヶ岳経由で俵山に縦走する事にしました。


グリーン道路の地蔵峠付近の路肩に駐車します。
登山口は車の後方右側にあり、小さな案内板が出ています。
予想以上の積雪に期待が膨らみます。
既に時間は11時です。山の出発時間としては遅いですね。急いで準備をして出発します。

petboyさんを先頭に雪の重みで登山道を塞ぐ木々を払い退けながら進みます。積雪は10〜20センチくらいでしょう。
時折木々の隙間から雪をかぶった阿蘇の山並みが見え隠れします。

登山口から1時間程で冠ヶ岳との分岐に到着します。ここから冠ヶ岳までは20分位です。今回同行させて貰ったpetboyさんと私の知人のY下です。
樹氷越しに見る俵山です。

冠ヶ岳山頂です。
霞んではいましたが、阿蘇、祖母、脊梁の山々が見渡されます。
ここで昼食です。風もなく気持ちが良いですね。冬の山も風が無く天気さえ良かったらのんびり出来ます。
昼食のあと縦走路の分岐まで戻り先を急ぎます。

ラクダのこぶの様なピークが最初登る予定だった一ノ峯、二ノ峯です。
気持ちよさそうなピークですね。そのうち機会があれば是非登ってみたいと思います。


霞んでいますが阿蘇山の全容です。
この角度から観るのは初めてです。大観望から見たときのような涅槃像には見えません。
この頃から雲が多くなってきました。
しかし、この山の稜線はアップダウンが多いですね。それも急勾配です。

縦走路の途中のピークから見た残りの道のりです。
まだまだ結構ありますね。画像中央の一番低いところが護王峠です。取りあえずその峠へ向かって緩いアップダウンをくり返しながら下って行きます。


護王峠の様子です。
大きな岩に何か書かれていますが、私には良く意味がわかりません。
暫く休憩した後に俵山に向けた標高差約200Mの最後の登りに取り掛かります。


最後の登りです。時間も3時半になろうとしています。
天気もすっかり曇り空になり風も出て来て寒いです。


俵山山頂手前から振り返り見た今日歩いてきた道のりです。
画像の一番奥の右端のピークが冠ヶ岳です。


俵山山頂です。
時間も4時近くになり気温も下がり寒いです。
写真を何枚か撮ったあと山頂を後にし俵山峠にむけて最後の下だりです。
17時丁度に俵山峠に到着です。
それから地蔵峠に車を回収に向かい19時前に温泉に飛び込みます。
冬の山歩きの後に入る温泉は最高に気持ちが良いですね。冷え切った身体が生き返る様です。入浴後、食事も済ませpetboyさんに再会を約束し20時過ぎに帰路につきます。

今回の山歩きははじめての南阿蘇の山々でした。
愚図ついた天気が続く毎日でしたが、夕方には雲が出てきましたが概ね青空の広がる一日でした。しかも想像以上の雪に満足のいく山歩きが楽しめました。
また、案内下さったpetboyさんには感謝です。

ホーム / 次の山行記録 / 前回の山行記録 / 山歩きの記憶 / 山域別