三郡山(難所ヶ滝)
【山行日】 08年01月27日
【ピーク】 さんぐんさん935M  ときんさん901M
【登山口】 糟屋郡宇美町昭和の森
【天気】 晴れ
【参加者】 GEN
【コース】 昭和の森10:00〜河原谷〜難所ヶ滝11:15/11:30〜縦走路〜頭巾山〜三郡山12:30/12:40〜欅谷B〜昭和の森14:10            行動時間 4時間10分

これはこれで良いことなんですが、最近は仕事の方が忙しくなかなか山歩きの時間が獲れません。たまの休みは天気が悪く動けませんし、動けても山歩きの気分になれず今回は正月以来の山歩きになりました。

当日も朝目覚めても何となく山歩きの気分になれませんが外を見ると久し振りに良い天気のようです。こんな時こそ自然の中で心身ともリフレッシュしなければいけないのですね。

急いで山道具を車に積んで家を出ます。時間は既に9時を回っています。福智山?英彦山?宝満山?何処に行くか迷いましたが、そこそこ寒い日が続いていたので三郡山系の難所ヶ滝が氷結しているんじゃないかと思い登山口のある糟屋郡宇美町の昭和の森に向かいます。

昭和の森公園の駐車場は既に満車に近くなっています。多分殆どが登山者の車でしょう。
それも難所が滝が目当ての登山者じゃないでしょうか?
急いで準備をして10時に登山口を出発します。



昭和の森公園の駐車場です。トイレも完備してあります。上部にはキャンプ場もあります。
駐車場から30分位は治山道路のコンクリート道を歩かなければいけません。
数年前の大雨による災害復旧工事は終わっていますが大きな砂防ダムが痛々しいですね。

治山道路の終点から本格的な登山道に変わります。
傾斜も差程なく照葉樹の森の中を少しずつ高度を上げていきます。



途中、宝満山に向かう兎道の分岐を見送り進むと一気に傾斜が増し息が切れます。
縦走路と難所ヶ滝の分岐標識から直ぐに滝に到着します。


多くの登山者がカメラ片手に撮影されていましたが、氷り具合はイマイチですね。
もう少し氷付いてくれたれ結構見栄えがするんでしょうね。
それに早朝の気温の低いときに出かけてきたほうがまだきれいだろう。
私の付いた11時頃には結構溶け出してボトボト落下していた。
真下にいると危険でした。



空は天気予報が外れ青空の見えるいい天気になりました。風も大したことはありません。
銃走路から少し離れた頭巾山にも立ち寄ります。
大体は樹木が邪魔して展望は無いのですがこの時期だけは葉っぱの落ちた木々の隙間から景色を見る事もできます。


気持ちいい銃走路ですね。
若葉のときも、紅葉の時も、冬枯れ今も気持ちがいい所です。

三郡山山頂です。
がっかりするような建物が沢山あります。
しかし、英彦山、福地山、背振山などが見渡されます。
肉眼ではくじゅうの硫黄山の噴煙もかすかに見ることが出来ました。
下山は欅谷のBコースと言われている所を下ります。山頂から300Mくらい若杉山方面に縦走路を進むと右画像のような分岐があります。ここから左に急な荒れた登山道を治山道路まで下り、これでもかこれでもかと作られている砂防ダムを横目で見ながら、いやなコンクリート道を50分程歩き、飽きたころに昭和の森の登山口に到着します。


上画像は欅谷Bコースと云われている取り付き地点です。
右上は昭和の森のキャンプ場です。

久しぶりの山歩きでした。短い時間でしたが山から元気をもらえた様な気がします。
仕事で気持ちに余裕の無いときこそに自然の中に出かけて鋭気を貰い明日から頑張れるような気持ちになりたいですね。

さぁ次はどこに行こうかな?

ホーム / 次の山行記録 / 前回の山行記録 / 山歩きの記憶 / 山域別