仰烏帽子山

【山行日】 09年02月15日
【今回登ったピーク】 のけぼしやま 1302M
【登・下山口】 熊本県球磨郡相良村 椎葉谷登山口
【天気】 晴れ
【参加者】 toshiyanさん、あっぷるさん、まつやんさんいーさんリンドウさん、さつま大将、
       さつま女将、HaruさんHiroさん、GEN、途中からYatabeさん、ほそやんさん
【コース】 椎葉谷登山口〜仏石分岐〜仰烏帽子山々頂〜元井谷分岐〜仏石〜福寿草群生地
       〜仏石〜仏石分岐〜椎葉谷登山口                     5時間10分

ここ数年は毎年出掛けている熊本県九州山地の仰烏帽子山。福寿草観賞登山に今年も出掛けてきました。福岡市博多区内でAM4:30に待ち合わせし、熊本市内で今回初めてお会いするリンドウさんを拾い、宮原から大通越で五木村にある道の駅にAM7:00に到着です。ここでtoshiyanさん、あっぷるさん、まつやんさんと合流し登山口のある椎葉谷に向かいます。ダム問題で揺れる現場を横目に7:30分に登山口に到着します。道中の林道は結構荒れていますが、普通車でも大丈夫です。登山準備を済ませ、初対面の方同士もおられるので簡単な自己紹介をし、8時前に登山口を出発します。

椎葉谷登山口には数台の駐車スペースはありますが、そう広くはありませんが登山口は道路挟んだ反対側にあります。仮設トイレも設置してあります。


杉の伐採地を過ぎ、自然林の山肌に付けられたほぼ水平の登山道を暫くで「牛の鼻ぐり岩」に到着します。大岩の下が人ひとり通られるくらいの隙間があり、ここを通り抜けると不浄が洗われ、長寿延命、幸せが訪れるとされています。


長生きがしたいHiroさんと女将さんは、ドロドロになりながら果敢に潜られていました。ご苦労様です。


「牛の鼻ぐり岩」を過ぎ、椎葉谷川の源流近くの開けた河原に出ます。
水流の少ない椎葉谷を詰めていきます。


仏石分岐です。

登山口から45分ほどで到着します。福寿草の群生地のある仏石方面に行くには、ここの分岐を右に行きますが、そこは下山時に下ってくる予定です。今日は仰烏帽子山が初めての同行者が多いため左方向の山頂を目指すことにします。


川辺川支流、椎葉谷川の源流近くです。

冬枯れの木々がの向こうには、最高の青空が広がっています。
しかし、今日は気温が高く山登りには少し暑く感じます。2月とは思えないくらいの陽気です。
稜線まではもう少しなんですが、一番きついところの登りです。

この時期しか訪れた事のないこの仰烏帽子山です。
毎年この景色しか見たことが有りませんが、新緑の頃や紅葉の時なども良い感じになりそうな雰囲気を醸し出している椎葉谷です。


途中の展望所から見た人吉方面です。

人吉盆地は雲海で埋め尽くされているようです。中央奥の山が市房山です


雲海の向こうに見える一番高い山が白髪岳の様ですが、この山のブナ林は立派なものでして、冬の樹氷が凄く綺麗な山です。それにしても今日は温度が高い割には遠くまで見渡す事ができます。画像には写っていませんが霧島連山も見ることが出来ました。


展望台分岐です。

椎葉谷から登って来ると、山頂は左です。
福寿草の群生地の仏石方面や、この山のメインルートでもある元井谷の登山口方面は右に行きます。ここまで来れば山頂までは快適な尾根歩きが楽しめるルートです。

傾斜も緩るみ次第にお喋りの華が咲きます。単独で歩くときなんかは一日中一言も喋らないで黙々と歩くだけの時が多いのですが、女性が多いと本当に賑やかですね。


快適な登山道の様子です。

10日に熊本と山口の山友さんが同じコースを歩いていますが、その時は幸運にも見渡す限り樹氷がビッシリ付いていた画像を送ってきていました。
あわよくば私たちも、と、思い淡い期待を持っていましたが、今日の陽気じゃ仕方がないですね。山頂はもうすぐです。


山頂から東方面の眺望です。

上福根山の向こうには九州山地最高峰の国見岳の鈍頂が見ることが出来ます。
また上福根山の南側には犬切山と思える山も確認できますが、定かじゃありません。
その左側には京丈山だろうと思えるピークも見ることが出来ます。


山頂から南東方面の白髪岳方面の眺望です。南方面には霧島連山の山々も見えています。
北西方面に目を向けると、天草の島々の向こうには直線距離で約60Kある、先月予定していて中止になった雲仙普賢岳もぼんやりと見えています。
そう広くない山頂ではワイワイガヤガヤと30分ほど眺望を楽しんだ後、本日最大の目的でもある福寿草の群生地に向かいます。途中、これまで何度かご一緒したことのある、熊本のYatabeさんとほそやんさんとすれ違います。仏石の群生地近くで昼食を予定しているので後から追いかけて来るそうです。

自然林と人工林の入り混じる登山道脇には苔むした石灰岩が点在し、独特な雰囲気を感じることが出来ます。左側の画像は風穴です。
岩が折り重なり出来た地中の空間から、暖かい空気が噴出してきます。
夏は逆に冷風がっ吹き出ている事でしょうが、その時期は訪れた事が無く確認は出来ていません。

風穴から直ぐで右画像の元井谷分岐に着きます。
この仰烏帽子山のメインルートは元井谷からなんですが、ここから元井谷の登山口まで4.5Kmも有ったかなぁ?この分岐を仏石方面に向かいますが、薄暗い杉林の登山道脇の足元にはポチポチと福寿草が目につき始めます。この後鎖の付いた岩場を下ると仏石です。

仏石付近の群生地です。

地元の方々のご尽力により、登山道と群生地はロープで仕切られていて、福寿草は保護されています。私達登山者も最低のルールとし、絶対に中には入らないようにしなければいけません。
当日も三脚をもってロープを潜ろうとする登山者がいましたが、そうしないでも撮影出来る場所は沢山あります。

仏石から保護されたロープ沿いを北東方向に登り上がると更に福寿草の群生地が広がります。
ロープで仕切られたところ以外の足元にも沢山咲いていますので、足元にも十分注意をする必要があります。

今年も見ることが出来ました。キンキラキンの福寿草です。


同行者Hiroさんの気合いの入った撮影姿です。足元の福寿草に注意しながら長い足を駆使して撮影されています。
最近デジタル一眼カメラを購入され、ただ今勉強だそうです。カメラに詳しい同行者のアドバイスを受けながら熱心に撮影されていました。いつもはピンクのウェアーで決められているんですが、今日は福寿草の色に合わされているんでしょう。


ご覧のように足元にも沢山咲いています。踏みつけには注意しましょう。


辺り一面に咲き誇る福寿草です。

ここ数年は毎年出掛けていますが、これほど一斉に開花しているのを見るのは初めてです。今年の咲き具合はこれ以上無いくらい一番良いようです。それに今年は少し開花の時期が早かったようです。

タップリと撮影のあとは昼食タイムです。Yatabeさんとほそやんさん達も程なく到着し一緒に食事を済ませます。Yatabeさん達は元井谷から登って来られていましたが、椎葉谷登山口と元井谷登山口を繋ぐ林道が繋がっていることを、熊本の山友さんから情報として知っていましたので、Yatabeさん達に椎葉谷登山口に一緒に下られることを薦め、下山後元井谷登山口の方に送っていく事にします。

仏石まで戻り、椎葉谷方面の下ります。
杉林と自然林の入り混じった少し荒れた斜面をジグザグに下って行きます。


今朝方通過してきた椎葉谷の仏石分岐です。
ここからは今朝登ってきた椎葉谷川沿いの登山道を下るだけです。登山口まではもう少しです。


13時10分登山口に無事到着です。
出発時は3台しかなかった車も下山時には林道脇までズラリと並んでいました。
やはりこの時期の仰烏帽子山は少し早めに出掛けた方が良いでしょうね。それ以外に時期はひっそりとしている筈です。このあと元井谷登山口までYatabeさん達を送り、道の駅近くの五木温泉で汗を流し、帰路に着きます。

いやぁ〜、今年の福寿草の咲き具合は最高でした。
これまでも何回も出掛けていますが、今年はこれ以上は望めないくらいの咲き具合でしたね。先週出掛けた熊本の山友さん曰わく、「グジャグジャ咲いとうばい」の言葉も納得出来ました。
今回、仰烏帽子山の福寿草は初めてという参加者が殆どでした。初めてでこれだけの花を見ることが出来て大満足だった事でしょうが、来年はこれ以上の期待はをしない方が良いかもしれませんね。



ホーム / 次の山行記録 / 前回の山行記録 / 山歩きの記憶 /  県別山行記録