根子岳

【山行日】 08年11月02日
【今回登ったピーク】 根子岳東峰 1408M
【登・下山口】 阿蘇郡高森町 上色見登山口〜〜阿蘇市一の宮町宮地 ヤカタガウド登山口
【天気】 曇り時々晴れ
【参加者】 Haruさん Hiroさん まつやんさん いーさん GEN
【コース】 上色見登山口〜大戸尾根〜東峰〜天狗コル〜ヤカタガウド〜ヤカタガウド登山口

『2008・紅葉鑑賞登山第4弾』として、阿蘇の根子岳にネット山仲間と出掛けてきました。

ここ数年は根子岳には毎年訪れています。本当は今日の予定の山は英彦山だったんですが、ネットで情報を集めるうちに英彦山は少し早いようで、逆に今年は諦めていた根子岳が見頃を迎えているようです。、また根子岳の紅葉の最盛期は短いと言われています。
慌てて今回同行予定の皆さんに連絡し、急遽行き先を変更し当日を迎えました。

自宅をAM4時に出発し。途中でHiroさんご夫婦を乗せて一路熊本まで高速を飛ばします。飛ばしすぎたのかこの調子ではAM6時前に熊本ICを出そうなので、ETC割引を最大限利用する為にSAで時間調整をしてAM6時過ぎに熊本ICを通過します。

待ち合わせ場所の阿蘇市一ノ宮まで国道57号を早朝のドライブです。途中の乙姫の外気温は10℃と、思ったより冷え込んでいませんでした。丁度この頃に日の出の時間を迎え、明るくなりかけた車窓には根子岳のギザギザがシュルエットに浮かび上がります。
今日の天気は下り坂の予報で、時折りそのギザギザの稜線に不穏なガズが流れ、心の中で『午前中持ち堪えてくれぇ〜』と叫びながら待ち合わせの場所の一宮運動公園の駐車場にジャスト7時に滑り込みます。

Hiroさん、Haruさんご夫婦とまつやんさん、いーさんは初対面で簡単な挨拶を済ませ、下山口のヤカタガウドに車をデポして登山口の上色見まで私の車で移動します。
そうです。今回は根子岳の”よかとこ取り”のコース設定で入山します。


駐車場に到着すると1台の車が側溝に脱輪して立ち往生しています。
歩き始める前のウォーミングアップがてらにひと仕事をします。何とか脱出できました。朝から人助けをしたので今日は何か良い事があるかもしれませんね。さぁ登山開始です。

牧場のゲートを開け、コンクリートの牧野道を登って行きます。


さぁ、登るぞ!と気合を入れてあるき出した途端、同行者の草花大好きのHiroさんが何かを見つけてしゃがみ込んでいます。よく見るとウメバチソウがまだ頑張って咲いているようです。
しかしスパッツ、ウエアー、防寒着、ストックとピンクで決められています。余程ピンクが好きなんでしょう、確かレインウエアーもピンクだったと思います。


途中、肥後の赤牛が食事中です。
邪魔にならないように赤牛に見送られながら、正面に紅葉で彩られた地獄谷を見据え、更にコンクリート牧野道を進んでいきます。


途中に登山届け箱が有り、ここからコンクリートの道を離れて放牧地の中を二つ目のゲートに向かいます。ここから本格的な登山道に変わり、火山土壌特有のズルズルの滑りやすい急坂の登山道を頑張ります。


樹林帯に囲まれ展望の無い滑りやすい登山道脇にはヤマラッキョウ花も迎えてくれます。


樹林帯の切れ間からは色づく山肌が見え隠れし、期待が膨らんで来ます。


登山道の様子です。
大岩に架けられた梯子を登り、滑りやすい足元に気をつけながら高度を稼いでいきます。


樹林帯が終わり、開けたカヤトの草原からはガスに蒔かれようとする天狗峰のピークが堂々と聳えています。その周辺の木々は錦を纏った様に錦秋の輝きを放っています。


今登ってきた大戸尾根を振り返ります。
登りの大戸尾根左側には地獄谷の錦の絨毯が谷一杯に広がっていて、これまでのキツイ登りの辛さを和らげてくれます。


東峰に登る登山道のうち、最短距離で登れる前原牧場からの登山道を右から合わせると、山頂はもう直ぐです。くじゅうの山並みが雲海に浮かび、とても綺麗です。


何とも色気の無い根子岳山頂の二等三角点です。

コンクリートに固められた柱石の高さが埋もれている部分も含め60cmくらい有り、その下には盤石も埋設されているはずです。盤石とは柱石が何らかの原因で破損、消失した時などに復元する時のためにあるそうです。しかし、根子岳の柱石も盤石も盛土の中に設置されているようで、正確さに疑問も残ります。
因みにこの柱石(三角点)などを破損などさせると、懲役刑や罰金100万円を課せられる事があります。

その根子(猫)に犬も登ってきておりました。四駆の犬に引っ張ってもらえば楽でしょう?

また山頂で同行者のHiroさん御夫婦のお知り合いの、「からつ勤労者山岳会」のタクさん御一行5名と遭遇しました。そのタクさんの管理されているブログの愛読者でもある私も挨拶をさせて貰います。
聞くところ大戸尾根から天狗峰の往復との事でしたので、ヤカタガウド側に2台の車がデポしてあります。2台で丁度10名乗車できますから、ヤカタガウドの紅葉も楽しんでみませんかとお誘いします。快く快諾され、ここからヤカタガウドまで同行する事になりました。


山頂から見る天狗峰です。

アップダウンの続く稜線は紅葉で彩られて綺麗ですが、もう少しお日様の光が届くと更に感動が高まる事でしょうが、こればかりはどうしようもありません。贅沢というものでしょう。
その稜線の向こうには阿蘇の高岳もガスの中に見え隠れしています。

阿蘇五岳の涅槃像で有名な顔の部分の稜線を、アップダウンを繰り返しながら天狗のコルに向けて進みます。


崩壊の進む痩せた尾根のアップダウンの縦走路が続きます。
その険しい稜線も色付いた木々が心を和ませてくれます。


縦走路から見える谷間の紅葉は感動ものです。
写真を撮りながらのアップダウンは苦になりませんが、少し歩いてはチョット違うアングルで撮影となかなか前には進みません。
ただ、この縦走路も崩壊が進んでおり、場所によっては木の根に土が乗っただけのフワフワした登山道も有り、通行の際は注意が必要です。


天狗岩の鋭峰です。

根子岳にはピークが幾つもありますが、その中でももっとも目立ち、また標高も高いのがこの天狗岩です。一般の登山道はありませんからここに登るにはそれなりの装備と技術を必要とします。
その天狗岩の右側に見えるV字の鞍部が天狗のコルと云われている所です。
その下は垂直に数百メートルも切れ落ちています。その切れ落ちた谷が地獄谷と呼ばれているところです。


縦走路から振り返り見た東峰です。
右側に延びる尾根が先ほど登ってきた大戸尾根です。


稜線の北側の阿蘇市一ノ宮町です。


登山道脇にはまだリンドウが目を楽しませてくれます。


もう、昼ごはんの時間帯なんですが、画像の様な痩せた尾根上には10名も腰を下ろして休めるところなんかありません。


↓  地獄谷の紅葉です。素晴らしいの言葉しか出てきませんね。 ↑
見飽きる事のない地獄谷の紅葉。

ここ、天狗のコルから西はクライマーの領域です。尾根歩き専門の私はここからヤカタガウドの谷に向けて下る事にします。

ヤカタガウドの紅葉も見頃を向かえているようです。
↑   安定しない岩くずの歩き難い登山道ですが落石に注意しながら   ↓
頭上の紅葉を楽しみつつも足元に気をつけて下って行きます。
今日は曇り空で陽が差し込まなくて紅葉は映えません。天気が良くてもこのヤカタガウドの谷に日が差し込むのは一日のうち数時間くらいしかないでしょう。


苔生した趣のある谷ですが、足元は滑りやすく十分注意して下山します。


谷を覆いつくす紅葉のトンネルを抜けると頭上が開け、下には砂防ダムが見えてきます。
ここまで下ってくれば落石の心配も無く弁当も広げられます。遅くなりましたがここで本日の昼食です。Hiroさんが赤飯を持ってきてくれていましたのでご馳走になります。
何かめでたい事でもあったんでしょうかね?美味しかったです。また、からつ労山のテツさんからはリンゴなど頂きました。お二方、有難うございました。


登山口の砂防ダム周辺の紅葉です。丁度陽がさしてきて山肌を彩る錦を際立たせます。

最後の最後まで名残惜しむようにカメラに収める「からつ労山」のタクさんとテツさんです。

紅葉はここまで見頃を迎えています。普通稜線付近がまだ見頃のときはこの辺はまだまだなのですが今年の紅葉は上から下まで十分に楽しむことが出来きました。

下山後「からつ労山」の皆さんを上色見の登山口にお送りし、内牧温泉で汗を流し帰福しました。
途中の高速で行楽渋滞にハマリ普段より随分寺時間が掛かりましたが、自宅には8時30分くらいに到着しました。


今朝登山口を出発する時に、側溝にタイヤを落とされて困っていた方の車を救出しました。

困っているときはお互い様なんでしょうが、今日は朝から人助けの良い事をしたからきっといい事があるかな?そう思い入山しましたが、新しい出会いの「からつ勤労者山岳会」の皆さんたちと知り合えた事が今日のいい事だったんでしょうね。

折角のこの出会いを大切にして行かなきゃいけないいと思いながら腹一杯の紅葉を楽しんだ阿蘇・根子岳を後にしました。

さぁ、紅葉も終盤を迎えてきましたが今度は何処に行こうかな?

ホーム / 次の山行記録 / 前回の山行記録 / 山歩きの記憶 /  県別山行記録