倉木山

【山行日】 08年09月28日
【今回登ったピーク】  くらきやま 1155M
【登山口】 雨乞牧場
【天気】 曇り
【参加者】 GEN  カミさん
【コース】 雨乞牧場登山口〜山頂往復〜登山口              往復約2時間

今日は大分で野暮用が有り、うちのカミさんと出掛けて来ました。

用事自体は30分も有れば済む様なものでして、これだけで貴重な休日を終わらせるのは勿体なく思い、チョット早めに自宅を出て途中で何処かの山にでも登ろうと、反対するカミさんを無視して計画します。

由布岳辺りが手頃なんですが、カミさんが普段から山歩きはしていないため、由布岳よりちょっとレベルの低い倉木山に決定です。ひと昔前、ミヤマキリシマの最盛期のくじゅう平治岳に無理矢理連れて行ったのですが感動も何も無かったんでしょうか、それ以来一緒に山に出掛けることも有りませんでした。

由布岳は豊後富士と言われ、多くの登山者が訪れる山です。、ピンと立った動物の耳に見える双耳峰の綺麗な山です。この端整な山を見るには打って付けの倉木山です。
この時期の倉木山にはすっかり秋の空気が漂い、マツムシソウなど秋の草花が出迎えてくれました。ススキの穂がキラキラと輝きとても幻想的です。

下山後は温泉に浸かり、別府市内の知人宅に届け物を届けた後、速見郡日出町の梨農園を訪ねました。この梨農園は私のHPとリンクして貰っている梨アグリさん宅の農園です。


県道11号線、通称”やまなみハイウェイ”を由布院から別府に向かい、由布岳正面登山口の手前約300Mの所から右鋭角に入る雨乞林道を登っていきます。舗装道路が切れたところに数台の駐車場があります。更にそこからコンクリート道を、右に突き当りまで登っていくと行き止まりが登山口です。
火山土壌特有の黒土の滑りやすい登山道から登り始めますが、直ぐに山腹コースと直登コースの分岐がありますが、直登コースは以前下りに利用したときにズルズルで難儀した事が思い浮かびます。
今回は山腹の歩きやすいコースを往復する事にします。

尾根に出るまでは植林の杉林と自然林の基本的には眺望の少ない登山道です。
しかし、何箇所か樹林帯が途切れ、由布岳を間近に見ることが出来ます。九重連山など遠くから見ても、こうやって近くから見てもカッコイイ双耳峰の山です。しかし、この頃からガスがかかり始め、この端正な山容が見えたのはこれが最後でした。昨日は本当にいい天気だったのに今日から下り坂の様です。

登山道の様子です。

山腹を行くこのコースは傾斜も少なく、歩きやすい登山道です。
この日は最初から暑くも無かったんですが、夏の暑い日なんかは強い日差しが避けられて快適でしょうね。

カラマツソウがまだ頑張っていました。

ジンジソウ

ツルニンジン

由布盆地です。

全国的にも有名な温泉地の由布です。
この頃から高い山はガスで見えなくなってしまいました。

ハバヤマボクチ

マツムシソウ

樹林帯を抜け、尾根に出ると視界が開けてきますが、ご覧の様に今日はガスが視界を妨げています。しかし、尾根を吹きにける風は冷たく感じてすっかり秋の気配を漂わせていました。

倉木山山頂です。

本来ならここから見える由布岳は象徴的で、同行のカミさんにその感動ものの由布岳の雄姿を見せたかったのですが今日は無理のようです。

ススキの穂が秋風に揺れて幻想的でした。

ヤマハハコ

往路を戻り、登山口に向かいます。
標高1000M付近から上はスッポリとガスのベールに包まれています。
私たちが登る途中で3人、下山途中に7人の登山者とすれ違いましたがお天気の割には多かったんじゃないかと思いました。

下山後は別府の堀田温泉に浸かり、近くの知人宅で用事を済ませ、ネットでお世話になっている梨アグリさんの梨農園に寄らせてもらいました。豊水の収穫が終わり、今は新高の収穫、販売をされておられるようです。

梨アグリさんとこの農園は幸水、豊水、新高、愛宕と少しずつ収穫時期の違う4種類の梨を栽培されているようです。ご主人さんから梨農園を案内してもらいながら説明を聞きます。受粉から摘果、袋掛けと大変な作業のようです。上の画像は今シーズン最後の収穫を待つ超大玉の「愛宕」です。掛けられた袋が弾けんばかりに大きく育っていました。
南の海上では台風15号が北上しようとしていますが、収穫まで頑張って枝にしがみ付いていてもらいたいですね。
1時間ほど山の話や、梨の話などを聞かせてもらい農園を後に自宅に向かいます。
今日の休日は山歩き、温泉、そして新たな出会いと大変有意義な1日でした。


ホーム / 次の山行記録 / 前回の山行記録 / 山歩きの記憶