虚空蔵山
【山行日】 07年05月20日
【ピーク】 こくうぞうざん 608M
【所在地】 長崎/佐賀県境  登山口長崎県川棚町側
【天気】 晴れ
【参加者】 GEN
【コースタイム】岩屋登山口5:50〜山頂6:25/6:50〜登山口7:12  行動時間 1時間22分

■虚空蔵山■
登山口側の川棚町から見た日の出前の虚空蔵山です。肥前のマッターホルンと言われているのもよく分かる山容をしている。
■登山口の東屋■
有田町から川棚町に抜ける県道4号線の、石木小学校から左折、採石場を過ぎると登山口の案内板がある。最後の民家を過ぎ舗装された林道を進むとトイレ、東屋、水場の整備された登山口に到着する。
■登山道の様子■
最初登山道は良く手入れた植林の杉林から始まる。暫くは谷沿いのジメジメした感じの道だ。杉の周りには沢山のシャクナゲがあるが花はひとつもついてなかった。またここのシャクナゲは植樹されたのだろうか、驚くほど沢山ある。
■登山道の様子■
尾根に出ると丁度日が昇って来て眩しい。
暫くはこんな感じの気持ちよい登山道が続く。
山容からするとこんな感じの登山道で良いのかな、と言う感じだが、さすがに最後の方は傾斜も増し、クサリも付けてある。
■虚空蔵山頂■
山頂は東西に細長く、山容から見た割には結構広く、ほぼ360度の眺望は得られる。
大村湾や佐世保港などが望め、南東方向には多良岳、更にその向こうには雲仙の山だろう、上の方だけが少し見えていた。
ただ、この時間にしては霞んでいて遠くまで見ることは出来なかった。
■影虚空蔵■
山頂に着いたタイミングが良く、東から登りはじめた太陽で反対側の西側には虚空蔵の影が綺麗に映し出されていた。
■山頂の様子■
山頂には祠や石仏が祀られている。
■山頂からの展望■
暫く山頂からの眺望を楽しんだが、霞んでいてイマイチだった。
下山は今来た道を戻りる。朝も早かったせいで誰とも会うことが無く登山口に戻る。
下山後は佐賀県の有田焼きで有名な有田町にある黒髪山の登山口のある、竜門ダムに向かう。
↑  登山道脇に咲いていた花  ↓

ホーム / 次の山行記録 / 前回の山行記録 / 山歩きの記憶 / 山域別