寂地山
【山行日】 07年05月02日
【ピーク】 じゃくちさん 1387M
【所在地】 山口県  概略地図
【天気】 雨
【参加者】 GEN
【コースタイム】 寂地林道終点7:05〜寂地山頂8:15/8:40〜林道終点9:30
                                   行動時間 2時間25分

山口県の最高峰の山で、登山口のある寂地渓谷には幾つもの滝があり綺麗な渓谷を引き立たせている。また、山頂付近にはこの時期に咲くカタクリの花の群生地が広がり、多くの登山者で賑わう。

登山口の寂地渓谷入口にはトイレを完備した広い駐車場がある。
また、キャンプ場のも整備されており夏などはキャンパーで賑わうだろう。

駐車場で朝、雨の音で目が覚める。昨日に続き今日も雨か・・・・
何となく気力が萎えてくるのが分かる。

最初予定していたのがキャンプ場〜木馬トンネル〜右谷山〜寂地山〜林道〜キャンプ場のコースだ。
朝食を取りながら考えるていると林道を二台のの車が上っていくのが見える。
結局今日も林道終点まで車を上げて、最短距離で山頂を往復する事にする。
■寂地狭駐車場■
景勝地寂地渓谷入口には、立派な駐車場が完備されている。トイレ、売店もあり便利だ。
本来の予定コースはここから見応えある寂地渓谷を詰めて寂地と右谷山の稜線に出るつもりだったが、こんな天気で気力も萎えて、お手軽コースの寂地林道を車で詰めることにする。
■寂地林道終点登山口■
途中から未舗装の林道を終点まで行くと登山口がある。
■登山道の様子■
登山道は昭和36年の国体の時、山頂で炬火が採火されたのを機に今の登山道が整備されたらしい。
しかし、擬木の階段で整備されすぎている感はある。
■山頂手前の分岐■
登山道が稜線に突き当たる所にベンチのある分岐がある。右が山頂で左は右谷山などに行ける。
この辺りからカタクリの群生地が広がるがる。
ここから右谷山方面の方がカタクリの群生地は凄いらしいが、今日は何処に行っても同じだろうからそのまま山頂に向かう。
■寂地山山頂■
山頂はブナと霧に囲まれ、ひっそりとして感じが良い。
■カタクリの花■
群生地には沢山のカタクリが残っていたが、みんなこんな状態で萎んでいた。
登ってきた道を引き返し、登山口に向かう。
■寂地林道の様子■
この崩壊しかかった林道を通過するのは怖かった。
そのうち崩壊が進み通行出来なくなるだろう。
■ミツバツツジ■
林道を走っていると今年初めて見るミツバツツジが目に入った。
再び寂地渓谷入り口に戻り、今度は渓谷沿いの遊歩道を散策する。
日本滝百選にも選ばれている五竜の滝を見に行く。




結果的には予定通りのコースも歩けないで、カタクリの花も満足に見ることが出来なかった。
次回の宿題が出来ました。
しかし、カタクリの群生地は広く、満開の時に出掛けられると凄い凄いだろうなと、思いながら今年のGWの山旅を終えて家路に着く。

ホームに戻る / 次の山行記録 / 前回の山行記録 / 山歩きの記憶に戻る