氷ノ山
【山行日】 07年04月28日
【ピーク】 ひょうのせん 1510M
【所在地】 兵庫、鳥取県境           
【天気】 晴れ
【参加者】 GEN
【コース】福定親水公園登山口6:30〜氷ノ山越8:25〜山頂9:45/10:20〜東尾根登山口
12:10〜林道〜福定親水登山口12:45
                  行動時間 6時間15分

氷ノ山は兵庫県と鳥取県の県境に位置する山で、氷ノ山後山那岐山国定公園に指定されている。また、兵庫県の最高峰の山でもある。
麓のハチ高原には沢山のスキー場があり、多くの宿泊施設も完備されている。
しかし、全てのスキー場は今シーズンの営業を終えており、閑散としている。

今回は兵庫県側の養父市関宮の福定親水公園から氷ノ山越えを経て山頂を目指し、東尾根を下る最もポピュラーな周回コースを歩いて来ました。
■福定親水公園■
登山口のある公園で、駐車場、トイレなど完備してある。またキャンプ場もある。
■布 滝■
登山口から暫くで落差65Mある布滝の見える展望所に到着する。
登山道はジグザグの歩きやすい道が続く。
■地蔵堂■
それまで急登の登山道が一旦平坦になる。
その途中にこの地蔵堂が安置されている。
有名な登山家の加藤文太郎もかって吹雪の夜
この地蔵堂に泊まったらしい。
■氷ノ山越■
幾つかの水場を過ぎ、自然林の中の登山道を進むと稜線に飛び出ます。三角の形の避難小屋やベンチも設置してある。真っ直ぐ進むと鳥取県若桜にあるふれあいの里登山口に行ける。
右に行けば太平頭、高丸山を経て鉢伏山に縦走できるらしい。氷ノ山の山頂には左に向かう。
■氷ノ山越え付近から見える氷ノ山■
登山道から見える山頂には避難小屋も小さく見える。また、日当たりの悪そうな谷筋には雪がまだ残っているのが見えている。
■登山道の様子■
歩きやすい登山道沿いには新芽の出掛かったブナの林が気持ち良い。
■登山道の様子■
登山道は所々雪渓を横切る。
アイゼンは準備していたが暖冬のせいだろう、使用するほどでもなかった。
このあと山頂直下まで木道が設置してある。
■氷ノ山山頂■
山頂は結構広い。画像の避難小屋の他に展望台もあった。
霞んではいるが360度の眺望が楽しめる。
■山頂から北方向■
手前の稜線の右の一番高いピークが鉢伏山である。
今回の山行計画の時、鉢伏山までの縦走を計画してみたが時間がかかり、あとの予定に響きそうだったので縦走は諦める事にしました。また別の機会があったらやってみたいと思う。
他にも沢山見えていた山はどれがどこか全く分かりません。
■千本杉■
山頂を後に東尾根方面に下ると、高層湿原としては日本最北にあると云われる古生沼がある。
立ち寄ってみたが時期が悪いのか何も珍しいものはなかった。
それから少し下った所に杉の原生林がある。
ここが千本杉です。
■東尾根登山口■
稜線の途中に神大ヒュッテがある。そこに東尾根との分岐がある。東尾根は左に下る。
暫く気持ちの良い尾根を下ると、東尾根避難小屋があり、そこから急な階段を下ると東尾根登山口に到着する。
さらにここから氷ノ山国際スキー場の前を通り、車の止めてある福定親水公園まで30分くらいアスファルトの道を歩く。
登山道で出合った花

今日の予定はこの後、豊岡市日高町にある冒険家の植村直己記念館に向かう。
それで時間がまだ余まる様だったら、日本海に面した新温泉町浜坂にある登山家の加藤文太郎記念館にも寄りたいと思って先を急ぐ。

ホームに戻る / 次の山行記録 / 前回の山行記録 / 山歩きの記憶に戻る

ブログパーツUL5