英彦山 霧氷を求めて
【山行日】 10年12月26日
【ピーク】 ひこさん 1200M
【登・下山口】 福岡県添田町 豊前坊(高住神社)
【天気】 雪
【同行者】 hirokoパパさん、hirokoさん、GEN
【コースタイム】 豊前坊09:50〜北岳11:00〜中岳11:25/11:50〜紅葉谷〜キャンプ場12:50
          〜豊前坊13:30                       行動時間3時間40分

五ヶ瀬の山に霧氷を求め出掛けたのがついこの間のこと。
その時はこの時期としては珍しい小春日和の良い天気で、霧氷どころか雪のかけらも見ることが出来ませんでした。その時は2010年の登り納めと出掛けた五ヶ瀬の山でしたが、天気は良かったもののお目当ての雪や霧氷が見れず、なんか不完全燃焼を感じさせられる山歩きでした。

それから3日後の26日です。
日本列島に寒波が流れ込み、福岡でも雪の予報が出ていました。結構な寒波で山沿いは大雪だとTVでも言っていたことも有り、英彦山なら結構な積雪だろうし、運が良けりゃ霧氷も見られるだろうと出掛けてきました。
私が英彦山に向かう途中、hirokoパパさんご夫婦をピックアップして登山口のある豊前坊に向かいます。途中から道路は凍結し、チェーン規制も出ている県道を用心しながら登山口に到着です。



豊前坊(高住神社)

ここで広島からのお客さんをご案内する豊津の信ちゃん、俊ちゃんご夫妻と遭遇です。
野営場駐車場から豊前坊〜北岳〜中岳〜南岳〜鬼杉〜玉屋神社〜大権現駐車場と英彦山満喫コースをご案内するそうです。さすが英彦山を知り尽くしたご案内人ですね。

豊前坊の気温は−5℃を示していますが、寒さはそう感じません。
ここ豊前坊から登るのは超久し振りです。もう何時が最後かも思い出せないくらい前です。


高住神社

ここで今日の登山の安全を祈願しますが、小銭はザックの中で分厚い手袋を脱がすのが面倒くさくてお賽銭無しの祈願でした。中を覗き込むとすっかり正月準備は整っていたようです。

登山口です

高住神社の境内を抜けると登山口です。
ここで神社の方から入れたばかりの紅茶を頂き、いきなり石段から始まる登山道を登っていきます。積雪は思ったより少なく、この辺で2〜3cmくらいでしょうか?
でも今シーズン初めての雪景色です。久し振りの雪の感触や景色を楽しみながらの登りです。


お目当ての霧氷が見え始めます。


北岳の肩手前のクサリ場です。

ここの急坂を登りきると尾根に出ますが、尾根に出た途端に風が当たり体感温度が一気に下がるのが分かります。

最近hirokoパパさんは動画撮影に頑張っておられます。会社を休む一歩手前まで編集に力を入れられているようです。道中の車や歩きながらその話をお聞きして大笑いしていました。
下のYouTubeはhirokoパパさんが編集されたものです。
上4枚とも北岳山頂手前の霧氷です。
hirokoさんが「綺麗やねぇ〜」、「良いねぇ〜」と感動されているようです。
確かに素晴らしい自然の造形美ですが個人的にはやはり霧氷には青空が欲しいところですね。

このあと北岳から中岳に向かい、休憩小屋の風のあたらないところで昼食を済ませます。
この天気の悪い時に結構の登山者の数です。多分皆さんも私達と同じ雪と霧氷が目当てなんでしょうね。食べ終わって小屋を出ようとすると登山口でお会いした信ちゃん御一行が到着されました。望雲台に寄り道されていたようです。


英彦山神宮上宮前に面白い樹氷を見かけました。
まるで大型の猫じゃらしの様に見えるのは私だけでしょうか?


下山は正面から下り、途中から紅葉谷、更にバードラインを通りキャンプ場に向けて下る予定です。おそろいのザックカバーのpapaさんとhirokoさんのおしゃべりおしどり御夫婦です。
このへんから更に風も強くなり吹雪いてきました。
この正面登山道も石段の多い登山道です。修験の山には石段の多い山が多いのですが、やはり自分の歩幅に合わない石段ほど歩きにくい登山道はないですね。


紅葉谷から野鳥観察路に入りますが、ここも足元の悪い登山道です。
雪の無いときならそれ程気にも成らないのですが、雪があるとなんか歩きにくく感じます。
私の頭の中ではスキー場に降りていく予定でしたが分岐を誤ってキャンプ場の方に降りてしまいました。でもキャンプ場方面の方が歩きやすかったです。


キャンプ場からは九州自然歩道を辿り豊前坊に戻ります。
この杉並木は見事です。これから50年、100年後の杉並木を想像すると素晴らしい自然歩道となるでしょう。雪で隠れて判りづらいが雪の下は石畳です。


豊前坊Pの少し手前で車道を歩きますが、本日は通行する車両も少ないです。カチンコチンの凍りついた路面で滑らないように用心して登山口までもどります。
年末は全国的にも大荒れの予報が出ていますが、今年はこの英彦山が登り納めの山になるかもなぁ、と思いながら豊前坊に到着します。


ホーム / 次の山行記録 / 前回の山行記録 / 山歩きの記憶 /  県別山行記録