針ノ木岳 北アルプス:後立山連峰南部の山々を歩く
【山行日】 10年09月18日〜20日
【今回登ったピーク】 岩小屋沢岳2630M  鳴沢岳2641M  赤沢岳2678M 
              スバリ岳2752M  針ノ木岳2820M
【登山口】 長野県大町市扇沢 爺ヶ岳登山口
【下山口】 長野県大町市扇沢 針ノ木岳登山口
【天 気】 18日:晴れ/曇り  19日:晴れ  20日:雨/曇り
【参加者】 kigoさん  いーさん  馬しゃん  putalyさん  GEN
【コース】 
1日目  爺ヶ岳登山口(8:40)〜柏原新道〜種池山荘〜新越山荘(16:00)
2日目  新越山荘(6;10)〜鳴沢岳(7:00)〜赤沢岳(8:10)〜スバリ岳(10:55)〜
      針ノ木岳(11:55)〜針ノ木小屋(13:00)
3日目  針ノ木小屋(6:30)〜大沢小屋(9:00)〜針ノ木岳登山口(9:50)〜扇沢(10:30)


北アルプス後立山連峰・・・・
諸説はある様だが普通は飛騨山脈の北部の白馬岳を皮切りに、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳、鳴沢岳、赤沢岳、針ノ木岳と3000Mに近い山々が南に連なる連峰を言う様だがその範囲は明確ではない。

昨年の9月にその後立山連峰を北から南に向けて歩いたのだが、爺ヶ岳を最後に天候不良と膝の故障が原因で、あと鳴沢岳、赤沢岳、針ノ木岳など数座を残し下山を余儀なくさせられた。
それ以来、なんか奥歯に何か引っかかっている様で凄く気になる1年でした。
そのリベンジでもないのですが、最近は膝の調子も悪くないし休暇も上手い具合に取得出来たのでやり残しの山々に出掛ける事にしました。

いつもなら混雑を避けてテント泊とするところですが、既に夏山シーズンも終わり、また訪れる登山者も少ない山域の様なので、混雑は無かろうと今回は食事付きの営業小屋を利用することにしました。
そして九州の遠方からわざわざ訪れる事も少ないマイナーな山々に、今回もいつもの山友さん達が付き合ってくれ賑やかな山行となりました。

福岡、宮崎、熊本などの各地から古賀SAに集合し、登山口のある長野県の扇沢を目指します。ここ数年は通い慣れた?約1000qの高速ですが、やっぱ片道1000qは遠いし疲れますね。道中は交代で運転、仮眠を繰り返し、およそ予定通りのAM8時過ぎには扇沢の登山口に無事到着です。

ここ扇沢は日本を代表する山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」の長野県側の入口で、開通期間中は多くの観光客で賑わっています。
ここの扇沢駅から出るトロリーバスは、今回歩く予定の鳴沢岳と赤沢岳の中間の真下を貫通する針ノ木隧道を通り、富山県側の黒部ダムに抜けています。
この針ノ木隧道はもともと黒部ダムを造るための資材搬入トンネルとし、関西電力が大手ゼネコンに造らせたもので、今は中部山岳国立公園の山岳観光ルートとして利用されている。また、この隧道を造る難工事を題材にした石原裕次郎出演の映画「黒部の太陽」は今でも有名だ。
今回同行のいーさんは石原裕次郎の大ファンの様で、その映画の舞台を歩くことができると大喜びの参加でした。

同行者のいーさんから提供頂いた今回歩いたGPS軌道です。

準備を済ませ、爺ヶ岳登山口の看板から始まる柏原新道を登り始めます。
昨年の9月もこの登山道を下り、その時にも感じたのですが石段や石畳と良く整備されておりますが、逆に整備されすぎて私は歩き難く感じますが、傾斜はそれほどきつくな有りません。
その時も頭上のダケカンバやモミジは良い具合に色づき、雨が降ってはいましたがなかなかの錦を見ることが出来ました。
今年は暑い夏が長かったせいでしょうか?昨年からみると紅葉も随分遅れ気味の感じです。
しかし、葉の痛みも少なくこれから一気に見頃を迎えそうですね。

樹林の隙間からは今回の最終目的の山、針ノ木岳の鋭鋒を目にする事ができた。
しかし、そこまでに繋がる稜線は大小沢山のピークがあり、縦走の厳しさをうかがい知る事ができる。また、その稜線の下にはアルペンルートの信州川の出入り口でもある扇沢のバスターミナルも見えている。その駐車場は3連休の影響もあり、朝の早い時間でしたが既に満車の状態で、改めて日本を代表する観光地だと認識させられる。

このアルペンルートは私が高校生の時に修学旅行で来たのが最初で、その時は山とか、ダムとか全く興味も無く「なんでこげんな山ん中に連れて来るちゃろか」と嘆いていたものですが、それから何回このアルペンルートを好んで通過した事だろう。


登山道は傾斜は緩く、良く整備され基本的には歩きやすいのだろうが、個人的には木段、石畳とあまり好きな登山道ではない。その苦手な登山道を、昨年は右膝の痛みに耐えながら下った事を思い出しながら高度を稼いで行く。


樹林帯を抜けると頭上が開け、ほんの少し色付いた山肌の草紅葉が綺麗だ。
その後立山の稜線と青空の境を爺ヶ岳方面に向かう登山者の姿が見える。


登山口から約4時間で種池山荘の建つ縦走路に到着です。
生憎周囲はガスに包まれ、周辺の眺望は得られませんが、稜線を吹き抜ける風は火照った体には心地良く、ここで爺ヶ岳登るいーさんを待つ間に行動食など口にしながら眺めの休憩をする。
当初この山荘で宿泊する予定だったが、明日の行程を楽にするために次の山荘まで進む事にする。

いーさんが爺ヶ岳登頂から戻り14時頃に岩小屋沢岳と鳴沢岳の鞍部に建つ、新越山荘に向けて出発する。山荘横のテン場から高度を下げ、リンドウやトリカブトの咲き乱れるお花畑のそばを通り、小さなピークを幾つも越えて行く。

種池山荘から1時間ほど歩いてきたところから振り返り見たところですが、まだまだ緑が目立ち、紅葉した木々を楽しむにはもう暫く時間がかかりそうだ。

チングルマの綿毛がガスで濡れ、うつむき加減でなんとなく淋しそうに見えてしまいます。

ここ後立山の稜線は富山県と長野県の県境をなしています。
画像の右側が黒部側すなわち富山県側であり、左側が信州側の長野県だ。
画像で見ても分かるように、黒部側の山肌は樹木も多くなだらかな山容をしているが、信州側は逆に山肌は鋭く切れ落ち、正反対の格好をしているのが面白い。
これは後立山連峰全体で見られる現象で、風雪や雨でそうなったらし。

ピークを示す標柱が無けりゃ山頂とは気付かないで通り過ぎてしまいそうない岩小屋沢岳の山頂だ。ガスで眺望も無く、じっとしていると寒いので先を急ぐ事に主る。
途中、雷鳥がエサを啄ばんでいるのに遭遇するが、既に足や腹は冬の保護色の白色の羽に生え変わっていた。

種池山荘から2時間15分くらいで狭い稜線の鞍部に建つ、こじんまりした新越山荘に到着です。
受付を済ませ部屋に通されたが本日は宿泊者が多く、布団二枚に3人程度の込み具合だ。
これがイヤでこれまではテント泊をしてきたのだが、今回はマイナー山で登山者も少ないだろうと小屋どまりで計画したが考えが少し甘かったようだ。
ただ、私しも膝に多少不安があり、今回は重い荷物は避けたかったので仕方が無い。
普段なら人の熱気で眠れない神経質の私ですが、昨夜の深夜移動で殆ど睡眠を取っていなかったため、意外と熟睡出来きて疲れを取ることができた。

天気予報では明日は曇りになっていたが、夜中の2時ごろに小屋の外に出てみると、中秋の名月までもう少しと言う月が見え明日は天気が良さそうだ。


2日目
初日  2日目  最終日
ホーム / 次の山行記録 / 前回の山行記録 / 山歩きの記憶 /  県別山行記録